2010年12月31日

CEO

最高経営責任者、代表執行役。アメリカの企業では経営と事業執行の責任が分離されていて、業務執行の責任は執行役、全社的経営戦略決定の責任や執行役の監視・監督責任は取締役となっている。執行役のトップがCEOである。社長や会長職と異なり、その役割(責任)を明確にする呼称だが実際には兼務するケースも多い。2003年の商法改正で日本でも”委員会等設置会社”という制度が導入され。「代表執行役」「執行役」が設置できるようになった。

【関連する記事】
posted by サロン at 18:00| Comment(0) | 経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。